サム家の適当な日々

horisam.exblog.jp
ブログトップ

芝の中の銀杯草

c0041316_1005666.jpg

芝の根の間をかいくぐり ランナーをのばし ある朝 ポコッ と開く一日花
踏まれてしまえば終わりなのに たくましいな
[PR]
# by horisam | 2018-05-27 10:06 | 見つけた可愛いもの
これからどう過ごそうなんて考えても、生活も性格も変えられず今に至る。
人間、最初と最後は世話を受けなくてはならないものなら、なるべく健康で、なるべくボケないで、なるべく素直に笑顔で生きたいな、とは思う。

クレイクラフトの講座に復帰しました。
「3か月休みます」のつもりが、3年も経ってしまっていた。もうやめたと思われていただろうな。
続けていた方々はますます素晴らしい作品を作っておられ、新しいメンバーも大勢で賑やかだった。
心機一転です。
c0041316_2036538.jpgc0041316_20371811.jpg
ブルースターにホワイトスターを少し混ぜたブーケです。
まもなく我が家のブルースターも咲くでしょう。ラッピングには母ののこした和紙を使いました。

c0041316_20514178.jpg

矢車菊です。色は画像より少しだけ紫がかっています。
本物を観察し、川口紀子さんの本で作り方を勉強し、自分なりに工夫して仕上げました。
薄いピンクの花も作って瓶に活けようと思っていたが、ここで力つきました、またいつか・・・・・・
[PR]
# by horisam | 2018-05-25 20:46 | クレイクラフト

刺繍のタペストリー

c0041316_16463184.jpgc0041316_16465760.jpg

















桜が散る頃に出来上がりました。
縁取りは、もっと明るい 地模様のある美しい布です。

最後の孫も3歳になり、親の介護も終わった。
どちらかというと女の子の方が丈夫なのか、ジジババの出番も減ってきた。
それはそれで寂しくもあるが、喜ばしいことだ。
大変に思っていた(体力的にではなく心が)介護も、終わってみればぬけがらみたいだ。
晴れて自由の身になった私は、何をしてどう過ごせばいいのだろう、秋から冬の間考えていた。
[PR]
# by horisam | 2018-05-25 17:06 | 刺繍

春までに

何年も壁にかけていたヘキサゴンのタペストリーですが、さすがに見飽きました。
今は冬のタペストリーを飾っています。

いつまでも冬っていうわけにもねぇ・・・という訳で春に向けて刺繍をやっています。
青木和子さんの「187の刺しゅうデザイン」の中から、30枚できました。
まだまだ あの花もこの花も刺してみたいので、もう少し増やしてまとめるつもり。
枝垂れ梅の蕾もふくらんで春はもうすぐそこまで、急がないとね。
c0041316_1547432.jpg

ついでに、
2歳の孫娘のレッスンバッグやボール、クリスマスツリー用に刺繍糸で編んだオーナメントなど。
c0041316_1662818.jpgc0041316_1664430.jpg
[PR]
# by horisam | 2018-02-22 15:47 | 刺繍

10月25日大山に登る!

10月25日は○○歳の誕生日だった。
だからという訳では全くないが、前回登ったのが真夏だったので今回紅葉の大山にということで。

台風をやり過ごし もうお天気も良くなると出掛けたのだけれど、大きく降ってこないだけましという悪天候だった。頂上付近は風強く寒くて何も見えず、避難小屋がなければお昼ごはんにもありつけず即下山となっただろう。そんな天気でも登山者は多く、口々にこんな筈ではなかったと皆思いは同じだった。

夏山登山口から弥山(標高1729m)まで、標高差約950m 距離にして往復6kmの登山道は ほぼ一本道でよく整備されている。にもかかわらず辛いのは、ただひたすら登ってただひたすら下るルートだからだと思う。
6月に、アップダウンあり 平坦な所ありの九重の山に登った時には朝早くから10時間ほども歩いたが、結構楽だったような気がする。その日は三朝温泉泊まり。

翌26日は打って変わって絶好の登山日和だった! しまった! 1日読み違えたよ。
「もう一回登ろうか?」 と 連れ合いが・・・・・・・・・とんでもない却下!!!!!

岩美町 浦富(うらどめ)海岸を 島めぐり遊覧船に乗り楽しんだ後、30年ぶりの鳥取砂丘に。
懐かしいなぁ~子供たちとまだ家族旅行ができていた頃だ。娘がラクダに乗ったっけ、そうそうこの辺で写真撮ったよね。この後、じいさん ばあさんになった二人は事故を起こさないようにゆっくりゆっくり帰途に着いたのでした。                                おわり
[PR]
# by horisam | 2017-11-28 16:24 | 今日の出来事

ビスコーニュ

c0041316_14481595.jpg
2年ほど前に、
姉手作りの ピンクッション ビスコーニュを貰った。
フランス語で「ゆがんだ いびつな」という意味で、
正方形の2枚の布を巻きかがりで縫い合わせたもの。

見て可愛いだけでなく、
実際に使ってもなかなか具合が良いのだった。



c0041316_14484955.jpg
と なると、やはり作ってみたくなるでしょ。
市販されているキットです。
ここまで目の細かいクロスステッチ布(14カウント)は初めてなので、
慣れるまで苦労したけれど、大層楽しい時間だった。





c0041316_14491226.jpg
5個も作ってどうする?なのだが、
出来上がっていく過程が楽しいので、
出来てしまえばたいして未練はなく、
貰ってくれる人がいれば「どうぞ どうぞ」なのよね。






c0041316_14493576.jpg
クロスステッチが楽しくなった私は、
オノエ・メグミさんデザインのこんなのも始めてしまった。
約30cm×38cmの出来上がりで、
ゆくゆくは額に入れて飾りたい。
だけど 1日いくらも進まない。
ほかにやりたいこともあるから 半年後を目指して頑張ろう。
[PR]
# by horisam | 2017-04-26 15:43 | 手作り

折り紙で

c0041316_14484914.jpg
夏休みに
5年生の孫とくす玉を作ったら
思いのほか可愛くて楽しかった
(糊で貼り合わせるタイプ)
一緒に、
クリスマスリースを折ったこともあるし
女の子は折り紙も好きですね
もっといろいろつくってみたくなった


c0041316_14492832.jpg

子供ってすごい!
スマホの小さい画面を見ながら
理解し組み立てていく
(ユニット式)





c0041316_14511241.jpg
反対にババは、
ゆっくりじっくり本で研究しないと・・・
お手本は、つがわみおさんの
「誰でも簡単にできる くす玉ユニット折り紙」
順番にやっとここまで、はあ~~~疲れた
3枚 4枚 12枚 30枚組
30枚組に至っては
本と同じ色にしないと組み立て順がわからない


c0041316_14514496.jpg
ノーマルの次の課題
ビットポイント 12枚組

☆5個のレベルまで行き着くのは
さて いつになるのだろう。
[PR]
# by horisam | 2016-11-12 14:47 | 手作り
昨年は何かと忙しく過ごしていた。
忙しいなかでも、6月には四国秋には信州に出掛けたりはしたが、
そろそろ自分の生活を取り戻さないとね。
2月から3か月ほどかけて、ゆっくり仕上げたのがこれ↓
2015年6月発行 パッチワーク通信186号に掲載されていた、ミニタペストリー。
いつか必ず作るぞと あたためていたもの。
久々の手仕事だったし 図案は好きだしで、最初から最後まで楽しい時間だった。
刺繍もいいもんだなあ~~~と強く思ったのだった。
                    (約50cm×40cm)
c0041316_1424521.jpg

                   
図書館でたまたま目にした、小倉千賀子「赤毛のアンの秘密」を読んだ。
「赤毛のアン」の作品分析と、作者L.M.モンゴメリについて書かれている。
美しいカナダの風景の中で欠点だらけの空想好きな少女が成長していく物語には、
あらゆる場面で、「えええーっ!それってそういうことだったの~~?」という解説があって驚く。
浅はかな読者でしかなかったのか。
もうずいぶん長い間読み返していないが、前と同じ気持ちでは読めないなあ。
知らなきゃ良かった・・・・・・でも全く知らないのも癪なのよ・・・・・・悩ましい。
[PR]
# by horisam | 2016-09-07 14:28 | パッチワーク

最近のこと

018.gifメダカの観察
3週間前からメダカ(朱赤透明鱗綿)飼い始めました。
翌日から面白いほど卵を産み付ける。c0041316_1415997.jpg
6日連続で採取したところで、経験者の娘が言う。
「もう止めておいたほうがいいよ
         ウジャウジャ増えて困るから」
4日目、一つ一つの卵に黒い点々が2個ずつ現れる。
まっくろくろすけ の反対versionみたい 可愛い?不気味?
10日過ぎから次々に孵化する。
じーーーっと見ていると、中でくるっと動いたりして楽しい。
さらに じーーーーーーーーーーーーーっと見ていると、孵化する瞬間も観察できます。
急にピョンと というより、するりと自然にいつの間にかみたいな。
全部でおそらく100匹以上150匹未満。
どうするそんな大所帯・・・・・・・・・・・・そのうち庭に池でも??赤ちゃんは可愛いよ。

043.gifそれより前
4月初めに娘が二人目(女児)を出産しまして、4人の孫持ちとなりました~~。
忙しくて髪を染める暇もなく、はっと気がつくと洗面所の鏡に見知らぬ白髪の老婆がぁぁーーー!
ババ歴も10年を過ぎて、しかたない観念いたします 正真正銘わたくしお婆さんです。c0041316_14513142.jpg             
弟のいる最初の孫《まなみん》は、いとこも全員男だったので喜んでくれました。

039.gif気になる本
小池真理子さんの短編でホラーがかったミステリー・サスペンスが、なんともいえず好きだった。
最後のどんでん返しで背筋も凍るようなのが。(私って変?歪んでる?)
それが、いつ頃からだろう(90年代中頃か)長編恋愛小説を発表するようになって急に関心を失ったのだが、その彼女の久しぶりのサスペンス「モンローが死んだ日」が気になる。
でもね単行本は高いのよ、誰か買って後読ませてくれないかな。
もう一冊は、2010年11月に72歳で亡くなった佐野洋子さんの「私の息子はサルだった」が気になる。
没後発見された未発表作品だそうです。よし!高くっても買って読もう!   

   
[PR]
# by horisam | 2015-06-22 14:25 | 今日の出来事

たまに・・・

c0041316_1374093.jpg
たまに、布が恋しくなる時がある。

(ここほれわんわん)さんのオリジナルキットの
(オータム スーちゃん)をやっています。

細かいところは めんどうそう。
このまま頑張って 完成なるか?
また途中で しまい込んでしまうか?



たまに、本屋を覘きたくなる(たまにというよりこれは毎日でも)。
何気なく手にとってそのままレジに持って行った、宮部みゆき「ソロモンの偽証」が大層面白かった。
文庫本で上下2冊の作品なんだな、と思って読み終わったら なんと、
第1部「事件」のあと第2部「決意」第3部「法廷」と続きがあって、500ページ超えの文庫版で6冊の超長編なのだった。
近頃の中学生はこんなに論理的にものを考え実行に移せるのかなぁ~、
高校生くらいの設定のほうがより現実的に思えるけど・・・・・・
ただ「面白かった」としか言えない自分も情けないけど、的確なレビューは他の方にお任せします。
今春映画化されるそうで、これまた楽しみです043.gif
[PR]
# by horisam | 2015-02-06 13:07 | パッチワーク

いつも一緒にワンダフルな日々を


by horisam